ヒミツの昼顔最年少編集長の奥様は誰?夫は主夫?名前、出版社や作品は?

バラエティー

皆さんこんにちはずず君です!

働いている奥様や旦那さんを観察する番組、「ヒミツの昼顔」に出演する最年少編集長の助宗佑美(すけむねゆみ)さんが話題になっています!

今回は助宗さんのプロフィールや担当する作品など、様々な件について皆様と情報を共有したいと思います!

スポンサードリンク

助宗佑美のプロフィール

・名前    助宗佑美(すけむねゆみ)

・生年月日  1983年産まれ

・年齢    37〜38歳

・出身地   静岡県  

・学歴    明治学院大学卒業

2010年に結婚し、今年9歳になる男の子がいる3人家族です!

お子様の名前は助宗和歩(すけむねかずほ)君。

主に旦那様がお子様の面倒や家事を担当しています。

いわゆる主夫ということですね!

専業主夫の割合は現在増えていて、2015年の国税調査では、専業主夫の割合は全体の5%を占めるようです。

以前は旦那さんが主夫をすることに偏見を持つ方もいましたが、今は当たり前になりつつありますね!

また、『助宗』という苗字がとても珍しいですね!

全国では助宗という苗字は30名ほどしか確認されていません。

発祥は静岡県だといわれています!

助宗佑美の身長は?

助宗佑美さんの身長は公開されていませんでした。

女性の平均身長は158センチです。

助宗さんの見た目はそんなに背が高そうではないので、平均身長の158センチぐらいではないでしょうか?

スポンサードリンク

助宗佑美の体重は?

助宗佑美さんの体重は公開されていませんでした。

158センチ30代の女性の平均体重は54キロでした。

助宗さんの見た目は少しふっくらしていますね!

体重も身長同様平均体重も54キロぐらいではないでしょうか?

助宗佑美が働く出版社は?

助宗さんは最年少編集長として以前セブンルールにも出演した、業界注目の編集長です。

助宗さんが働く出版社とは出版大手の講談社です!

2006年に入社、現在はpixivと運営している漫画アプリPalcy(パルシー)』の編集長を務めています。

今までに担当した作品の中には『東京タラレバ娘』や『海月姫』など、大ヒットマンがが数多くあります!

現在も何本もの作品を担当しているそうで、かなり優秀な編集者ですね!

助宗佑美の夫のプロフィール

専業主夫の旦那様のプロフィールも紹介します。

・名前    助宗謙一郎(すけむねけんいちろう)

・生年月日  1983年

・年齢    37歳~38歳

・出身地   神奈川県横浜市

息子の和歩君が生まれるまでは、眼鏡屋さんに勤務していたそうです。

収入面や子供のためを思って専業主夫になると夫の謙一郎さんから伝えたそうです。

何より、佑美さんが楽しそうに編集の仕事をしていたのを見て、やめてほしくないという気持ちが強かったらしく、眼鏡屋を辞めて専業主夫になりました。

現在は専業主夫の傍ら、介護施設でアルバイトし、収入面で奥様を助けています。

奥様の佑美さんとは同じ大学(明治学院大学)の同級生でした。

交際スタートしたのは2010年、結婚は2011年の9月ごろしました。

2006年、大学を卒業して就職したので、卒業して4年経ってから交際に発展したんですね!

在学中もお互い気になっていたのでしょうか?

今後も幸せな家庭を築いてほしいです!

スポンサードリンク

まとめ

ウワサの昼顔最年少編集長の奥様は誰?夫は主夫?名前、出版社や作品は?と題し調べてまいりました!

講談社の漫画アプリ、Palcyの編集長を務めており、一児の母でもあります。

旦那様の謙一郎さんが専業主夫という形でお子様の面倒や家事を担当しています。

以前は専業主夫に偏見を持つ方もいらっしゃいましたが、現在は一般的になりつつあります。

今後も編集長として、また専業主夫としての活躍に期待です!

ここまで読んでいただきありがとうございます。

次回もお楽しみに!

スポンサーリンク
バラエティー
zuzukunをフォローする
ずず君ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました